Speeeのエンジニアは
技術と戯れて遊びながら学ぶ

​Kosuke.N

PROFILE

青山学院大学文学部教育学科卒。大学時代、Webデザインのアルバイトを機にプログラミングを学ぶ。新卒でゲーム会社に入社。キャリア公式モバイルサイトの開発・運営や、ソーシャルゲームの設計から実装・運用、コンシューマゲームのサーバサイド設計・開発など幅広い業務に従事。2015年よりSpeeeに入社。エンジニアのマネジメントをしながら、各事業部の開発を幅広く手がけ、現在は主に管理部門のアプリケーション開発を牽引。

​01

Why did you

join Speee?

Speeeに入った理由

ゲームの仕事がソーシャルゲームにシフトしていく中、クオリティでよりもマネタイズが重要視されるようになり、もっと世の中に貢献できる仕事がしたいと考えるようになりました。

そこから、社会の課題を解決できるような企業を探していたところ、Speeeを紹介されました。面接でエンジニア組織をこれから創っていくという話を聞いて、出来上がった組織よりもその方が面白そうだと思いました。

また、面談で会う人達が楽しそうに仕事の話をしているので仕事の環境も良さそうだと感じ、Speeeに入社をしました。

​02

What is thE charm of Speee?

Speeeの魅力

Speeeのエンジニアは技術について仕事でやるから勉強するのではなくて、技術と戯れながら、遊びながら学んでるんです。そういうエンジニアって嫌々やっている人よりも学ぶ量が何倍にもなるんですよね。一緒に仕事していても楽しいですし、そういった人がSpeeeに今後も増えて欲しいなと思います。

あとは、エンジニア以外の職種の人も技術感度が高く、エンジニアリングによって創出できる成果が認知されている環境だと思います。エンジニアリングに対する理解を持ってエンジニアに接してもらえるので、仕事がしやすいですね。Speeeのカルチャーの1つに「プラステクノロジー」という技術を生かして大きな効率化・創造をしていくという考え方があり、社員みんなが技術にとても興味を持っています。「プラステクノロジー」以外にもSpeeeはカルチャーが全社に浸透しているのがとても良いと思っていて、コミュニケーションをとる時の共通言語になるので、違う職種間でコミュニケーションをとる際に役立っていると思います。

また、私はコーヒーがとても好きなのですが、新鮮で美味しいコーヒーが無限に飲めるのも魅力です(笑)それに、エンジニアは机に張り付いて生産性が上がる人ばかりではありませんので、気分転換ができるSpeeeラウンジや集中スペースがあるのもいいですね。パフォーマンスが最大化される環境を自分で選んで仕事が出来るのは大きな魅力だと思います。

​03

Your future

これから目指すこと

テクノロジーは一見、とっつきにくく、一般の人はテクノロジーそのものに触れる機会を持てません。私はその距離を縮めて、全ての人が新しいテクノロジーに触れられる機会を作りたいと考えています。私が単純に新しいテクノロジーによってもたらされる体験に興味があり、

技術で遊ぶのが好きなので、その楽しさを共有したいんですよね。

また、私はずっとWebの世界で働いてきたのでそこに恩を感じていて、将来的にWebの発展に貢献できる活動をしたいと考えています。たとえば開発の基盤になるOSSにコミットしたり、コミュニティーを活性化させたりと、やり方は色々ですがライフワークとして取り組んでいきたいと考えています。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright(c) Speee Inc.