ここで成長できなかったら全部自分のせいだと思える環境がある

​Taichi.A

PROFILE

大学で考古学を専攻しながらも、プログラムの世界に飛び込み、IT企業に入社。

受託開発のキャンペーンサイトや、自社サービスのデザインポートフォリオサイト、転職求人サイト等のシステム実装及び、インフラ構築をリードエンジニアとして担当。

その後印刷EC企業で委託先連携システムのディレクション・開発の経験を経て、2016年5月にSpeeeに入社。現在はデジタルトランスフォーメーション事業部のリードエンジニアとして開発に従事。

​01

Why did you

join Speee?

Speeeに入った理由

もともとバイクのエンジンのようなアナログな仕組みを理解するのが好きで、そこから自然とメールやHTTPなどのデジタルの領域に興味が移っていきました。。なので、リアル×ITの領域に関わる仕事がしたいと思っていました。そういった領域は変化の幅が大きくて、ユーザーからの反応が見えやすいので変化を感じやすいんです。面と向かって人が喜んでくれるのが純粋に嬉しいですし、そこに仕事のやりがいも感じていました。Speeeには「イエウール」や「ヌリカエ」などリアル×ITの領域に展開する事業があったのが入社理由の一つです。

また、入社前にSpeeeのエンジニアから開発に対する考え方を聞いた時に、共感する部分や学ぶ部分が多く、優秀なエンジニアが多いこの会社であれば、自分もさらに成長できると思いました。また、若いエンジニアが切磋琢磨している環境に身を置けることも魅力的でした。

​02

What is thE charm of Speee?

Speeeの魅力

入社して改めて感じましたが、やはり優秀だなと感じるエンジニアが多く、そのような環境で切磋琢磨できていることがとても楽しいです。

のんびりしていると置いていかれる、抜いていかれてしまうという感覚が良い刺激となります。会社がエンジニアの成長を全力でサポートしてくれるというのも大きいです。今自分にとって必要だと思うことがちゃんと定義できれば殆どの場合チャンスを貰えます。つまり、全部の責任は自分にある環境です。ここで成長できなかったら全部自分のせいと思える環境があるのが一番の魅力ですね。そういう意味で、言い訳できない環境に自分を置いて成長したい人にはSpeeeは合うと思います。

あとはエンジニア以外の職種の人が技術に対する尊敬や興味を持ってくれる文化があったり、会社が技術に対して投資してくれるのでエンジニアをちゃんと評価してくれるのも良いですね。それに、Speeeは事業が色々あり、毛色が全然違うシステムのノウハウを得る事ができるので、そういうのが好きな人も合っていると思います。

​03

Your future

これから目指すこと

質の高いプロダクトを継続して作っていける体制・仕組みをつくりたいと思っています。

コードレビューや、チームの作り方だったり、リリースまでのフローをまとめたり、そのために必要なことを色々やっていきたいし、やれるように力をつけていきたい。個人ではなくチーム全体としてのアウトプットを高められるようになりたいんです。

また、そのためには個人のベースアップが必要なので、それぞれのやりたい事をプロダクトに組み込んでモチベーションとベースアップの方向・方法を一致させて全体としての底力をあげることを気をつけています。その人がキャリアパスを描けてて、それに対してプロダクトの中でそれが実現出来ていけるようにしたい。そのために、今は凄くチームに目を向けています。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright(c) Speee Inc.